Webminマニュアル

コントロールパネルとして、webminをご選択頂いているお客様用のマニュアルです。
Plesk をご利用の場合には、こちらをご参照下さい。

注意事項

サーバに誤った設定を行った場合、サーバの動作速度が遅くなったり、最悪の場合サーバが停止し、再起動さえしなくなる場合があります。
Webminではサーバの基幹に関わる重要な部分の設定も簡単に行うことができますが、設定内容を理解せずにサーバの設定項目を変更しないでください。
弊社ではお客様の操作によるいかなる結果に関しても責任を負いかねます。

また、Webminのアップデートにつきましても、弊社標準のパッケージと異なりますため、同様にお客様の責任にて行って頂けますようお願い申し上げます。
なお、誤った設定の結果サーバに接続できなくなった場合は、お客様の要望に応じてOSの再インストールを行います(有償)。

目的別使用方法

Webminでは、サーバに関する様々な設定を行うことができますが、こちらでは良く使用される機能のみをご案内しております。
Webminの機能詳細につきましては、Webmin公式ページ(公式日本語公式)等をご参照下さい。

Webmin へのログイン方法

Webminを利用し、サーバの設定を行うには、まずログインを行う必要があります。
Webminにログインするには、https://[お客様のサーバのIPアドレス]:8001/に接続します。
その際、下記のような警告(画面1)が表示されますが、必ず「はい」をクリックして下さい。

画面1:SSLの警告ダイアログ

※この警告は、Webブラウザにあらかじめ登録されている認証機関によってサーバが認証されていないという意味です。
認証機関によるサーバの認証を希望されるお客様は、SSLサービスをご利用ください。

パスワードの入力を求めるダイアログ(画面2)が表示されますので、ユーザ名とパスワードを入力して下さい。

画面2:パスワード入力画面
ユーザ名 root になります
パスワード 開通時にお送りした「アカウント設定完了のお知らせ」の[root パスワード]をご確認下さい

[パスワードを記録する]を選択した場合、次回以降パスワードの入力が不要になりますが、セキュリティを保つためにこのチェックボックスは選択しないでください。
Webブラウザが他人に利用された場合、パスワードを入力することなくサーバの設定が勝手に変更される恐れがあります。

接続できない場合には

アクセス制限解除の申請を行っていない接続元から接続している可能性があります。
下記のページを確認し、アクセス制限解除の申請を行ってください。

ログアウト

Webmin からログアウトするには、ブラウザを完全に終了させて下さい。
ブラウザを完全に終了するまでは、パスワードを入力することなくサーバの設定を行うことができるため、セキュリティ上問題となる場合がございます。