サービス情報

クララオンライン|カスタマーサポート

ホーム > サーバ情報 > Plesk のマイグレーション機能の利用方法

サーバ管理

Plesk のマイグレーション機能の利用方法

Plesk コントロールパネル(以下、Plesk CP)に搭載されているマイグレーション機能(マイグレーションマネージャ)をご利用いただくことにより、Plesk CP 搭載サーバ間で、ホスティングされているドメインの設定などを比較的容易にコピーすることが可能となります。以下に、Plesk CP のマイグレーション機能の利用手順をご案内させていただきます。

尚、本機能によりコピーできる設定内容は以下となります。Plesk CP のマイグレーション機能にてコピーがおこなえない設定項目、データなどは、お客様にて移行作業を行っていただく必要がございます。予めご了承ください。

Plesk CP マイグレーション機能によりコピー可能な内容

  • ドメインの基本設定
    (ホスティングに関する設定)
  • ファイル・ディレクトリのパーミッション
    お客様にて作成されたプログラムや設定ファイルなどの内容の書き換えは行いませんので、絶対パスが変更されるケースや、各種プログラム(Perl/PHP/MySQL 等)のバージョンが変更になったことなどにより、マイグレーション機能で移行後に修正が必要となる場合がございます
  • メールアカウント
    (パスワード、転送先設定、実施時点のサーバ上のメールボックス内容)
  • メーリングリスト
    (メンバーの一覧、アーカイブ)
    ※個別のメーリングリストの設定内容は移行されません
  • データベース
    データベースのバージョンが変更されたことにより、文字化けなどが発生する場合がございます。問題が発生した場合は、お客様にて手動でデータ移行などをおこなっていただけますようお願いいたします。

Plesk CP マイグレーション機能によりコピー出来ない内容(代表的なもの)

  • Plesk CP 上から作成していないデータベース
  • メーリングリスト ( mailman ) の管理画面 (Pleskの画面から新たに開く画面) から設定した内容
  • vhost.conf / vhost_ssl.conf 等のPlesk 画面上以外からおこなった設定 など

注意事項

・Plesk 8.3.x 以前のバージョンから、Plesk8.4.x 以降のバージョンにマイグレーションした場合は、移行後のサーバでメール送信時(587番ポート)にSMTP認証が必須となりますので、メールソフトの設定変更が必要になる場合がございます。

・Plesk 8.x.x 以前のバージョンから、Plesk9.x.x 以降のバージョンにマイグレーションした場合は、移行後のサーバでメール送信時・受信時のアカウント名がメールアドレス形式(例:user@example.jp)に固定となります。Plesk8.x.x までで利用できていたショートネーム形式(例:user)は利用できなくなるため、メールソフトの設定変更が必要になる場合がございます。
また、移行後のサーバでメール送信時(25番ポートおよび587番ポート)に、SMTP認証が必須となりますのでメールソフトの設定変更が必要になる場合がございます。

・Pleskの仕様により、Plesk 8.x.x 以前のバージョンから、Plesk12.x.x 以降のバージョンにマイグレーションマネージャーをご利用いただくことはできません。

・マイグレーション作業実施から、ネームサーバ変更までの間はデータの差分が発生しますので、適宜最新のデータへ更新するなどの修正が必要となります。サーバの一般的な移行方法・確認方法につきましては、以下のページをご参照ください。

http://support.clara.jp/server/shift/plan.htm