サービス情報

クララオンライン|カスタマーサポート

ホーム > サーバ情報 > Plesk のマイグレーション機能の利用方法

サーバ管理

Plesk CP のマイグレーションマネージャによる移行手順

以下に、マイグレーション作業手順を説明します。

1.事前準備

1.1 Plesk のバージョン確認

“移行先サーバ”のPlesk のバージョンが、“移行元サーバ”のPlesk のバージョンと同じか、より新しいバージョンであることを確認します。

1.2 接続元設定変更

マイグレーション作業は、“移行先サーバ”のPlesk CP 画面より実施します。そのため、“移行先サーバ”から“移行元サーバ”へのSSH 通信が行えるからように、SSH 接続を許可する設定を追加しておく必要がございます。接続元設定変更作業につきましては弊社にて設定を行わせていただきますので、FAX もしくはメールにて弊社まで設定変更をご依頼ください。

FAX にてご依頼いただく場合

以下のURL より必要書類をダウンロードしていただき、FAX にて 0120-033-834 宛にご送付ください。

接続元設定変更申込書
http://support.clara.jp/procedure/server/index.htm#server01

メールにてご依頼いただく場合

弊社ご登録のメールアドレスより弊社テクニカルサポート(support@clara.co.jp)まで、以下の項目をご連絡いただきますようお願いいた します。

お客様番号 弊社からお送りした「サーバ設定資料」または「ご請求書」に 記載されている8桁の数字
ご契約サーバホスト名 マイグレーション作業によるご依頼の場合、“移行元”サーバのホスト名および、IPアドレスをご明記ください
受諾設定を行う接続元 “移行先”サーバのIP アドレスをご明記ください。また、許可サービス"SSH"とご記入ください
1.3 移行先サーバにマイグレーション対象のドメイン名の設定が無いことを確認

移行先サーバにマイグレーション対象のドメイン名の設定がすでにある場合、その状態でマイグレーションを実施しますとマイグレーションがエラーとなるため事前に削除をおこなってください。ドメインを削除する際は、移行先サーバで削除対象ドメインを利用していないことを必ず確認してください。

1.4 サーバの空き容量確認

移行元サーバ、および、移行先サーバに十分な空き容量があるかどうかを確認します。最低限、移行するドメイン名が使用している容量の2 倍は空き容量が必要となります。

例えば、移行するドメイン名が全て含めて3GB 使用している場合は、両サーバに6GB 以上の空き容量があることを確認してください。パーティションが分割されている場合(専用サーバの場合は分割されています)は、/usr に3GB 分、/var 以下に3GB 分が必要となります。

Plesk のマイグレーション実行前の、ディスク容量および、inode 数の、確認方法につきまして以下FAQ をご参考ください。

【FAQ】 ディスク容量は足りていますが新たなファイルがアップロード・生成できません。
http://faq.clara.jp/index.php?action=artikel&cat=24&id=257&artlang=ja