サービス情報

クララオンライン|カスタマーサポート

ホームページ・メール利用

メールソフトの設定

SMTP over SSL を設定する - Microsoft Office Outlook 2003

POP/SMTP over SSL とは電子メールを送信時に、ユーザーとメールサーバ間の通信を SSL を使って暗号化する機能です。 メールを暗号化することによってメール送信の安全性を高めることができます。
POP/SMTP over SSL については「メール送受信の暗号化について」をご覧ください。

メニューバーから[ツール]→[電子メールアカウント(A)]を選択してください。

「電子メールアカウント」のウィンドウの「既存の電子メールアカウントの表示と変更(Vを選択し、[次へ(N)]のボタンをクリックしてください。

Outlook 2003

次に「電子メールアカウント」のウィンドウ内の電子メール一覧から SMTP over SSL を設定したいメールアドレスを選択して、[変更(C)]のボタンをクリックしてください。

Outlook 2003

[詳細設定(M)]のボタンをクリックして[インターネット電子メール]の設定のウィンドウを開いてください。 プロパティのウィンドウの[詳細設定]のタブを選択してください。入力内容は下表を参考にしてください。

Outlook 2003

サーバーのポート番号 受信メール(POP3)(I) 「995」に設定する
「このサーバーは暗号化された接続(SSL)が必要(E)」
送信メール(SMTP)(O) 「465」に設定する
「このサーバは暗号化された接続(SSL)が必要(C)」にチェックを入れる


本サイトに掲載された各社名、各製品名、各ロゴは、各社の登録商標または商標です。