サービス情報

クララオンライン|カスタマーサポート

ホームページ・メール利用

メールソフトの設定

POP/SMTP over SSL を設定する - nPOP

POP/SMTP over SSL とは電子メールを送信時に、ユーザとメールサーバ間の通信を SSL を使って暗号化する機能です。 メールを暗号化することによってメール送信の安全性を高めることができます。
POP/SMTP over SSL については「メール送受信の暗号化について」をご覧ください。

nPOPで「POP/SMTP over SSL」をご利用いただく前に

nPOPで「POP/SMTP over SSL」いただく場合にはnPOPソフトの同ディレクトリに「npopssl (npopssl.dll, OpenSSL 0.9.8a) 」が必要です。以下のページから「npopssl (npopssl.dll, OpenSSL 0.9.8a)」をダウンロードし、nPOPソフトと同じディレクトリに「libeay32.dll」「npopssl.dll」「ssleay32.dll」をコピーしてください。


POP/SMTP over SSL 設定

「アカウント設定」「受信」のタブを選択して、下表を参考に入力してください。

nPOP

POP3 設定 ポート番号 「995」に設定する
SSL を使用する チェックを入れてください。チェックを入れると自動的にポート番号が「995」に設定されます。

次に「SSL を使用する」の右にある[設定]ボタンをクリックしてください。

nPOP

「SSL設定」のウィンドウで、サーバ証明書を検証しない場合、「サーバ証明書を検証する(verify)チェックを外します。この場合、通信データは暗号化されますが、メールサーバが本物のサーバであることを確認できません。

初期状態では、認証局(ベリサイン、セコム、コモドなど)から発行された証明書がメールサーバに導入されておりませんが、認証局からサーバ証明書を取得することでメールサーバが本物かどうかを検証できるようになります。サーバ証明書の取得、導入についてはサポートまでご相談ください。

設定が終わりましたら[OK]ボタンをクリックしてください。


「アカウント設定」「送信」のタブを選択して、下表を参考に入力してください。

nPOP

SMTP 設定 ポート番号 「465」に設定する
SSL を使用する チェックを入れてください。チェックを入れると自動的にポート番号が「465」に設定されます。

次に「SSL を使用する」の右にある[設定]ボタンをクリックしてください。

nPOP

「SSL設定」のウィンドウで、サーバ証明書を検証しない場合、チェックを外します。この場合、通信データは暗号化されますが、メールサーバが本物のサーバであることを確認できません。

初期状態では、認証局(ベリサイン、セコム、コモドなど)から発行された証明書がメールサーバに導入されておりませんが、認証局からサーバ証明書を取得することでメールサーバが本物かどうかを検証できるようになります。サーバ証明書の取得、導入についてはサポートまでご相談ください。

設定が終わりましたら[OK]ボタンをクリックしてください。

「アカウント設定」ウィンドウの[OK]ボタンをクリックして設定を完了してください。