サービス情報

クララオンライン|カスタマーサポート

ホームページ・メール利用

メールソフトの設定

Windows メール 6.0

Windows メール 6.0 の設定編集方法を解説いたします。

「ソフトの基本設定」「ポート設定」「ユーザー認証設定」を行ってください。

1.Windows メール 6.0(以下 Windows メール)を起動させます

スタートメニューの電子メール※または[すべてのプログラム]→[Windows メール]「Windows メール」を起動させます。

※ スタートメニューの電子メールでの起動はインターネットプログラムの設定などで自動的に使用するプログラムに設定している場合のみです。

Windows メール


2.メールアカウント開きます

ツールバーの[ツール(T)]→[アカウント(A)]をご選択ください。

Windows メール

次にインターネットアカウントのウィンドウの右側の[プロパティ(P]ボタンをクリックしてください。

Windows メール


3.メールアドレスの[全般]の設定をします。

[全般]タブの設定をします。各項目に入力する内容は下表を参考にしてください。

Windows メール

メールアカウント メールの設定名です。わかりやすい設定名に変更できます。
ユーザー情報 名前(N) 送信者として表示される名前です。(日本語もご入力いただけます)
会社(O) 任意で所属の会社名をご入力ください。
電子メールアドレス(M) お客様が設定したメールアドレスをご入力ください。
返信アドレス(Y) 送信したメールの返信先を任意で指定できます。空欄にする場合は電子メールアドレス(M)で入力しましたアドレスにメールが返信されます。
メール受信時および同期時にこのアカウントを含める(I メールの送受信ボタンを押した場合などに受信をする設定です。基本的にはチェックをいれることをお奨めします。

4.メールアドレスの[サーバー]の設定をしてください。

[サーバー]タブの設定をします。各項目に入力する内容は下表を参考にしてください。

Windows メール

サーバー情報 受信メール
サーバーの種類(M)
「POP3」に設定
受信メール(POP3)(I) 「アカウント設定完了通知」に記載されている「POPサーバ名」を入力してください。
送信メール(SMTP)(U) 「アカウント設定完了通知」に記載されている「SMTPサーバ名」を入力してください。
受信メールサーバー
ユーザ名 Pleskをご利用の場合 お客様が設定したメールアドレスを入力してください。
Webminをご利用の場合 お客様が設定したメールアドレスの@の前までをご入力ください。
パスワード(P) お客様が設定したパスワードをご入力ください。 「パスワードを保存する(W)」はチェックを入れることをお奨めします。
セキュリティで
保護された
パスワード認証で
ログオンする(S)
チェックを外します。
送信メールサーバー このサーバーは認証が必要(V) チェックを入れてください。詳しくは「ユーザー認証設定」をご覧ください。

5.メールアドレスの[詳細設定]の設定をしてください。

[詳細設定]タブの設定をします。各項目に入力する内容は下表を参考にしてください。

Windows メール

サーバーの
ポート番号
送信メール(SMTP)(O 詳しくは「ポート設定」をご覧ください。
このサーバーはセキュリティで
保護された接続(SSL)が必要(Q)
詳しくは「POP/SMTP over SSL 設定」をご覧ください。
受信メール(POP3)(I) 「110」に設定されています。POP over SSLをご利用いただく場合は「995」となります。POP over SSLの詳細は「POP/SMTP over SSL 設定」をご覧ください。
このサーバーはセキュリティで
保護された接続(SSL)が必要(C)
詳しくは「POP/SMTP over SSL 設定」をご覧ください。

6.メールアドレス設定完了

[完了]ボタンをクリックして、設定を保存し「基本設定」を完了します。

次に「ポートの設定」をいたします。


ポート設定

[サブミッションポートを設定する]

メール送信の受付専用に利用するポートです。
ポート設定とユーザー認証方法については「メールの送信方法について」をご覧ください。

ポート設定前に、以下のページにてお客様のサーバのサブミッションポート対応をご確認ください。

お客様のサーバがサブミッションポートに対応していない場合は、お手数ですが弊社サポートまでお問い合わせください。サブミッションポートの設定をさせていただきます。

サブミッションポート対応状況確認
https://svc.clara.jp/support/check-op25b.php

次に「Windows メール」にて、ツールバーの[ツール(T)]→[アカウント(A)]を選択してください。表示されたウィンドウから設定をするメールアドレスのアカウントを選択して[プロパティ]ボタンをクリックしてください。

Windows メール

プロパティのウィンドウの[詳細設定]のタブを選択してください。入力内容は下表を参考にしてください。

Windows メール

サーバーのポート番号 送信メール(SMTP)(O 「587」に設定する

「送信メール(SMTP)(O)」の設定ができましたら、次に「ユーザー認証設定」をします。


ユーザー認証設定

[SMTP 認証設定をする]

「SMTP 認証」は、POPと同じように送信する前に必ずメールソフトとメールサーバが ID/Password をやり取りしてユーザー認証する方法です。
ポート設定とユーザー認証方法については「メールの送信方法について」をご覧ください。

ツールバーの[ツール(T)]→[アカウント(A)]を選択してください。表示されたウィンドウから設定をするメールアドレスのアカウントを選択して[プロパティ]ボタンをクリックしてください。

Windows メール

Windows メール

次に「送信メールサーバー」の設定で「このサーバーは認定が必要(V)」にチェックをし、[設定(E)]のボタンをクリックして「送信メール サーバー」のウィンドウを開いてください。

「送信メール サーバー」のウィンドウの「ログオン情報」「受信メールサーバーと同じ設定を使用する(U)」を選択して、[OK]ボタンをクリックしてください。

Windows メール

「送信メールサーバー」のウィンドウを閉じましたら、「プロパティ」のウィンドウの[OK]ボタンをクリックして、設定を完了してください。

メールのテスト送信・受信テスト

メールの設定が全て終了しましたら、メールのテスト送信・受信テストを行ってください。