サービス情報

クララオンライン|カスタマーサポート

ホームページ・メール利用

メールの送信ポート設定

サブミッションポート(587) について

メール送信の受付専用に利用するポートです。メールを送信するには「SMTP 認証」でのユーザー認証が必要となります。

弊社ではサブミッションポートの設定を推奨しております。また、お客様がお使いのISP(インターネットサービスプロバイダー)がOutbound Port 25 Blocking (OP25B)を実施している場合はこの設定を必ず行ってください。

ご利用サーバのサブミッションポートへの対応状況は以下のページにてご確認いただけます。
現在、サブミッションポート対応状況確認ページのプログラム調整中です。対応状況のご確認につきましては、お手数ですが弊社サポートまでお問い合わせください。

サブミッションポート対応状況確認(準備中)

以上のページで送信ポートの設定の「Submission Port(Port 587)」が利用できない場合には弊社サポートまでお問い合わせください。対応させていただきます。

利用法
送信サーバ(SMTP)のポート番号を「587」に設定し、SMTP認証を有効にする。
メールソフトによって設定方法は異なります。詳しくは「メールソフトの設定」をご覧ください。
Outbound Port 25 Blocking (OP25B)について

OP25B とはISP(インターネットサービスプロバイダ)が実施する迷惑メール送信防止のためにメール送信を制限する技術です。お客様がご利用のISPがOP25Bを実 施すると、弊社提供のメールサーバを利用したメール送信が制限されます。 OP25Bが行われているISP(インターネットサービスプロバイダー)からメール送信を行うには、弊社側のサーバ並びにお客様側のメールソフトの設定変更が必要 です。

サブミッションポート対応状況確認とお客様のメールソフトの設定をお願いいたします。


通常のSMTPポート(25)について

通常初期設定されているメール送信ポートです。メールサーバ間通信に利用され ます。

弊社では基本的に、メールソフトでのメール送信にはサブミッションポート(587) の利用を推奨しております。

メールソフトの設定で587ポートに変更してしただくようお願いいたします。